HOME > ニドーブログ > 大豆より納豆の方が体にも髪にもいい?
健康特集
2017/12/22

大豆より納豆の方が体にも髪にもいい?

m.funaki
ニドーブログ

納豆は体に良いとよく耳にするかと思います。

実は薄毛にも効果的だと言われてます。
納豆の原材料は大豆ですが、大豆の中には植物性のたんぱく質が多く入っており、髪を作るには最適な栄養素です。

また、納豆(大豆)にはイソフラボンも含まれています。

このイソフラボンというのは、女性ホルモン(エストロゲン)に分子構造が似ており、同じような作用があります。
女性ホルモンはのエストロゲンは男性ホルモンのテストステロンの分泌を抑制するといわれているからです。

男性型脱毛症はテストステロンが引き起こすと言われており、そのテストテロンを抑制してくれる、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをするのが、イソフラボンなのです。

 

大豆より納豆がいい?

大豆は消化吸収が悪く、効果的に吸収することが難しい食品です。しかし、大豆を原材料とする納豆は、納豆菌により発酵しています。そのため、大豆と比べ、消化吸収されやすい形に変化しています。

そういった点からも良質のタンパク質とイソフラボンの摂取には納豆が最適な食品といえます。

 

納豆のビタミン類が髪の成長を促進

納豆にはビタミン類も豊富に含まれており、特に髪の毛に役立つ効果が高いビタミンB群を豊富に含んでいます。

ビタミンB分には、細胞の代謝を促進する効果があるので、頭皮環境が改善して髪の成長に役立つ作用が。

さらにビタミンEが血行を促進し、抗酸化作用を発揮することで、髪の毛に豊富な栄養を送り込み、活性酸素によるダメージも抑制してくれます。

だから納豆を食べることで、豊富なビタミン類を摂取でき、髪の毛の成長や健康が促進されることに。

薄毛だけではなく、年齢とともに増えてくるのが髪の毛の白髪。

実は納豆を食べる機会を増やすことで、白髪を抑制したり、改善する効果も期待できます。

納豆に黒すりごまとオリーブオイルを加えて食べるようにすると、白髪の改善に役立つ効果が。

納豆も胡麻も、タンパク質・脂質・ビタミン類・ミネラル類を豊富に含んでいることで、相乗効果が期待できます。

 

【ニドーの人工毛植毛に関心のある方は、下記テキストをクリック☆】

   http://nidohq.com/flow.html 

nidokun04.jpg

               ↑ウエル君↑

「ニドーの人工毛植毛をぜひ試してみてね☆」

参照サイト

納豆イソフラボンで禿対策:http://www.hage-nai.jp/yoboucate/nattou.html

納豆マニア:http://natto-mania.com/hair/