HOME > ニドーブログ > ワカメが髪にいいって本当?
ちょっと一言
2017/01/20

ワカメが髪にいいって本当?

m.funaki
ニドーブログ

ワカメを食べると髪が増える、髪が黒くなるというイメージがありますが実際どうなのでしょうか?

ワカメには、各種ミネラル・ビタミン、食物繊維が多く含まれています。これらの栄養素はもちろん髪にとって必要不可欠な成分ですが、残念ながらワカメを摂取しただけで髪が増えたり、髪が黒くなる事はありません。


髪の毛の主成分はタンパク質

髪の毛は、ケラチンという繊維状のタンパク質で出来ており18種類のアミノ酸で構成されております。

ワカメなどの海藻類には、残念ながらこのアミノ酸は少量しか含まれておりません。

アミノ酸を多く含む食材には、青魚、赤身肉、大豆製品などがあげられます。

 

髪の成長にはミネラルやビタミンも必須

髪の主成分は、タンパク質ですがミネラルやビタミン、食物繊維も必要な栄養素です。

栄養素は、単独では働く事ができません。様々な栄養素が互いに作用し合って体内に吸収されるので、バランスよく摂取する事が大切です。

特にワカメには、鉄・ヨウ素・マンガン・亜鉛・カルシウム・カリウムなどがバランスよく含まれています。

また、ビタミンAやビタミンC、ビタミンB群など各種ビタミンも含まれています。

 

わかめには腸内環境を整える食物繊維が豊富

せっかく良い食材を摂取しても、腸内環境が整っていなければ吸収が妨げられてしいます。健康な髪を育むには腸内環境を整える事も大切です。

わかめには、ぬめり成分の元であるアルギン酸という水溶性の食物繊維や、セルロースという水に溶けない不溶性の食物繊維が含まれています。これら腸内環境を整える食物繊維がわかめには豊富に含まれています。

わかめを食べる=髪が増えるとは確信できませんが、わかめには髪の成長に必要なビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているのは事実です。

ただし、わかめや海藻類に含まれるヨウ素(ヨード)は、過剰に摂取しすぎると甲状腺に悪影響を及ぼす場合もありますので、他の食材と合わせて毎日少しずつ摂取するようにしましょう。

 

ワカメよりもめかぶの方が効果的?

ワカメと似ているめかぶには、わかめにも増す健康・美容効果があります。

フコイダンやアルギン酸の働きによって、育毛成分を増やしたり、保湿をしたり、血行を促進して頭皮環境をよくする効果があると言われています。

ワカメよりもマイナーなイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、めかぶの持つ育毛効果は高いのです。

めかぶを配合したシャンプーやトリートメント、育毛剤が出ていることからも、めかぶに育毛に対する効果が分かります。

1日の摂取量を守り、食べ過ぎには注意して、毎日めかぶを食べると、育毛だけでなく髪にツヤやコシや生まれ、美しい髪の毛を手に入れることができるでしょう。

 

参照サイト

ヘアケア大学:http://haircare-info.com/post-717/

ジェネリック医薬品の育毛情報:http://www.ikumou-usuge-taisaku.com/hair_and_meal/242.html