HOME > ニドーブログ > 薄毛に効くかもしれない?「ブロッコリースプラウト」に注目!
ちょっと一言
2017/03/17

薄毛に効くかもしれない?「ブロッコリースプラウト」に注目!

m.funaki
ニドーブログ

一般的に日本人男性の4人に1人は薄毛で悩んでいると言われている。

そんな終わりなき悩みに一筋の光が見えたと話題になっている。薄毛に効くかもしれない野菜が発見されたというのだ!! 

その野菜とはなんと「ブロッコリースプラウト」である。

・薄毛に効くかもしれない野菜「ブロッコリースプラウト」

ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことだ。種がら芽を出し、双葉が開いたくらいのもので、見た目はカイワレダイコンにソックリである。スーパーの生鮮野菜コーナーで手のひらサイズくらいのパックに入って販売されているので、知っている人も多いだろう。

・近畿大学とリーブ21の共同研究で発見

ブロッコリースプラウトに育毛効果が期待できるというのは、近畿大学薬学部医療薬学科公衆衛生学研究室と、毛髪クリニックとして有名なリーブ21の共同研究により発見されたそうだ。

近大の発表によると、

「これまで、動植物由来成分300種を対象に、発毛効果のあるものを探し出した結果、増殖活性が最も上昇したのがブロッコリースプラウトでした。発毛は、毛根の底の部分にある毛乳頭細胞が“発毛シグナル”を毛母細胞に送ることで、毛母細胞が分裂し、発毛する仕組みになっています。実験では、ヒトの毛母細胞へブロッコリースプラウト抽出エキスを添加。すると3日間の培養で、毛乳頭細胞が約1.8倍に増殖しただけでなく、毛髪の成長期を誘導する血管内皮増殖因子『VEGF』と、毛髪の伸長期間に毛乳頭が分泌することが知られている骨形成タンパク質『BMP4』の2つの遺伝子発現量が上昇。抽出エキスを添加後、1日間の培養で約1.4倍になったんです」

 つまり、ブロッコリースプラウトのエキスが毛母細胞を活性化させ、発毛を促進させる効果があることが実証されたというのである。となると、一刻も早い商品化が待たれるわけだが‥‥。

毛乳頭細胞とは、発毛の司令塔的な役割を果たす細胞のことだ。この細胞の増殖と活性化は発毛・育毛に不可欠だと言える。つまり、今回の研究では、ブロッコリースプラウトエキスにより、毛乳頭細胞の分裂が促進され、遺伝子が活性化したというのである。これは朗報!

・ブロッコリースプラウトは1パック100円くらいで買える

スーパーでは1パック100円程度で販売されている。ビタミンやミネラルも豊富で、抗がん作用や美容にも良いとされているので、摂取自体は体にも良いのだろう。また、味もカイワレダイコンのような刺激はなく、淡白で食べやすい。サラダにして良し、肉料理の付け合せに良し、味噌汁に浮かべて良しの万能選手だ。

この先、頭皮にも家計にも優しいブロッコリースプラウト育毛剤が登場すれば、薄毛の悩みも一挙解決するに違いない。

参照元サイト:近畿大学 

Asagei plus: http://www.asagei.com/excerpt/20648

ロケットニュース24:http://rocketnews24.com/2014/02/04/410410/