HOME > ニドーブログ > ヒゲと胸毛と頭髪の関係
ちょっと一言
2017/11/07

ヒゲと胸毛と頭髪の関係

m.funaki
ニドーブログ

ホルモンは、お互いにバランスよく分泌されることがポイントだ。

男性ホルモンと女性ホルモンのつり合いがとれなくなると、どうなるか。

アンドロゲン(男性ホルモン)がエストロゲン(女性ホルモン)との比率を破って多量に分泌されると、脱毛する。

同じ男性ホルモンのテストステロンは、体毛に関係する。これを毎日25ミリグラムずつ小児に注射すると、腋毛、陰毛、ひげが生えてくる。テストステロンが頭髪に対して促進作用をもたないことは、若年性脱毛症の素質をもっている人に毎日注射すると、早期に脱毛症になることで証明された。

エストロゲン(女性ホルモン)を幼い男子に注射すると、乳房がふくらみ陰毛が生えてくる。卵巣の機能が亢進するにつれて、体毛が増えることもわかっている。

これで、わたしたちが描いている男性的というイメージのメカ二ズムが分かっただろう。

①ヒゲが濃いと男性的

②胸毛のある人は男性的

③薄毛の人は精力絶倫

①と②は、男性ホルモンのテストステロンの分泌が活発な証拠、③は同じく男性ホルモンのアンドロゲンが多い証拠。

これを裏返せば、ゆたかな黒髪は女性のイメージになるわけだ。男性ホルモンなんて少ししかない、女性ホルモンがたっぷりの女性が女らしいということなのだろう。

③の精力絶倫に関しては日本だけでなく、西洋でも古くから言われており、なんの根拠もないことだと思っていたのに、理にかなった一面があるのには感心させられる。

内分泌というのは、もっともっと複雑なもので、とても一口に説明しきれないから、大雑把に、女性ホルモンは頭髪を促進し、男性ホルモンは抑圧する作用があると覚えるとよい。

しかし、治療にあたっては専門医に相談すること。ギャグライターの山口琢也氏は薄くなり始めてからホルモン治療をしたところ、わずか一カ月くらいのうちに、かえってはっきり薄毛になってしまったという。逆の作用をするホルモンを使用したのかもしれないし、量に問題があったのかもしれない。

いずれにしてもホルモンはバランスを保つことがもっとも肝要で、おたがいに有機的にはたらいて作用するものだから、素人には判断が難しい。

 

【ニドーの人工毛植毛に関心ある方は、下記テキストをクリック☆】

   http://nidohq.com/flow.html 

nidokun04.jpg

               ↑ウエル君↑

「ニドーの人工毛植毛をぜひ試してみてね☆」

参考書籍

「驚異の毛髪革命」 著者:松木康夫