人工毛植毛・脱毛機器(電気手術器・脱毛針)のことなら

受付時間
9:30~17:30
 定休日  
土曜日・日曜日・祝日

  お気軽にお問合せください  

03-3243-0701
2018/02/06

トマトで健康に!抜け毛予防もできるの?

トマトは、健康に嬉しい栄養ばかりで積極的に摂取したい野菜のひとつですが基本的な栄養素としてリコピン、クエン酸、ケルセチン、βカロチン、食物繊維、カリウム、グルタミン酸が含まれています。

むくみの解消や血圧の上昇抑制

トマトに含まれるカリウムは、体の中に必要以上に取り込まれたナトリウムを排出させる働きがあるので血圧の上昇を抑える効果があります。

体内に溜まった余分な塩分や水分を排出し身体のむくみも解消したい方にはトマトジュースがおすすめだそうです。

整腸作用

トマトの栄養として食物繊維が含まれている事は有名ですが便秘を解消したり、コレステロール値を下げるなどダイエット面への効果が期待できます。

疲労回復

トマトのクエン酸ですが、このクエン酸はレモンにも含まれており、疲れを取る効果が期待できます。

運動する人に人気のある栄養素で体力を消耗した時や夏バテなど疲労回復が必要な時に役に立ちます。

トマトで抜け毛予防?

リコピンの効果

リコピンには身体に脂肪が蓄積するのを防ぐという、ダイエット効果があるのは有名な話です。

実はリコピンは強い抗酸化作用を持っていて、シワやシミの予防など肌ケアにやアンチエイジング効果がありますがこの抗酸化作用が、酸化による髪や頭皮の老化を防いでくれます。

抜け毛の原因となる、紫外線のダメージを軽減してくれる作用もあり血行促進させる効果にも期待できるので、抜け毛対策にはもってこいの食べ物です!

β-カロチンの効果

トマトにはビタミンAになるβ-カロテンをやや多く含んでいて、ビタミンAは、頭皮をつまらせる皮脂汚れの排除を手助けする働きがあり髪の健康維持に役立つ成分です。

ただし、ビタミンAを過剰摂取すると、吐き気や肝機能障害を起こす可能性があるので注意してくださいね!

トマトは生じゃなきゃダメ!?

薄毛・抜け毛対策に良いから、さっそくトマトを生のまま食べようとしてませんか?

生のトマトはフレッシュで美味しいのですが、火を通して調理されているトマトの方が、身体には良いらしいです。

トマトに含まれているリコピン・β-カロチンは、非常に優秀な栄養素なのですが、生のまま食べても身体に吸収されづらいという欠点があります。

でも、油で調理をすると、リコピン・β-カロチンの吸収率が飛躍的に上がるんです!

ちなみに、生のトマトと加工されたトマトでは、リコピンの吸収率は2~3倍違うことが明らかになっているので、加工品を利用するのもオススメです。

トマトの抜け毛予防まとめ

トマトに含まれるリコピンの抗酸化作用は抜け毛予防にはもってこいの効果があります。

そんなリコピンですが、効果的に取る為にはどのような調理法が良いのでしょうか!

リコピンには、もともと油に溶けやすい性質があり油を使った調理法によって、吸収が高まります。

そして熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても成分がそれほど減少する心配もありません。

生で食べるよりもオリーブオイルなどと一緒にトマトソースにしたり、シチューとして調理するほうが、より効率よくリコピンを摂取する事が出来ます。
 

【ニドーの人工毛植毛に関心のある方は、下記テキストをクリック☆】

   http://nidohq.com/flow.html

   ↑ウエル君↑

「ニドーの人工毛植毛をぜひ試してみてね☆」

参照サイト

抜け毛予防は食べ物から:http://www.pedrorupio.com/tomato-nukegeyobou
フサオの薄毛対策:http://fusao-ikumou.com/?p=1842

次の記事

関連記事

健康特集

2018/11/16

誤嚥の原因と予防

誤嚥とは「誤嚥(ごえん)」とは、食べ物や飲み物が誤って咽喉や気管に入ってしまう状態のこと。いわゆるむせることを言います。窒息のリスクがあるだけでなく、誤嚥性肺炎につながる可能性もあります。誤嚥の原因や、注意するべきタイミング、予防方法を紹介します。 誤嚥の種類...

健康特集

2018/11/02

水を飲めば膀胱炎は予防できるのか

尿の回数が多くなり、排尿時の痛みや残尿感を伴う膀胱炎。女性に目立つ感染症です。原因の多くは大腸菌による細菌感染で、治療には抗菌剤が処方されます。ただ、一度治ってもまた繰り返すのがこの病気の特徴です。抗菌剤は病気を治すには有効でも、再発の予防にはなりません。それ...

健康特集

2018/10/10

甘いものを食べるなら日中がいい?

糖質は日中に摂ると悪影響を抑えられる?砂糖を日中に取るようにすれば、同じ量を食べても脂肪肝や高脂血症になりにくいことを、名古屋大の小田裕昭准教授(時間栄養学)らの研究チームがラットを使った実験で明らかにし、16日付の米科学誌プロスワンに発表した。 砂糖の取り過...

お問合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-3243-0701
受付時間
9:30~17:30
定休日
土曜日・日曜日・祝日