HOME > ニドーブログ > 今、大注目の牛乳!認知症予防も期待大!
健康特集
2018/05/11

今、大注目の牛乳!認知症予防も期待大!

m.funaki
ニドーブログ
つい最近、林修先生の某番組で【牛乳】に関しての健康効果について放送されました。
牛乳は認知症予防にもなるとのことですが、どういうことでしょうか。

①牛乳で認知症予防?

日本のある地域調査で、牛乳を毎日飲んでいる人たちは飲んでいない人に比べてアルツハイマー型の発症率が少なかったというデータがあります。

1日1杯の牛乳が、もの忘れを予防したり脳を活性化するのに役立つということがわかったそうです。
2012年、アメリカのメーン大学による研究では、1日1杯の牛乳は脳を活性化させる可能性があることが発表されました。
より多くの乳製品を摂取したグループでは、そうでない人たちと比較して、記憶力や認識力のテストで著しく好成績を収めたということです。

実は、牛乳に含まれているカルシウムは脳の記憶にも効果がある栄養素です。逆にカルシウムの摂取量が減ると記憶を司る海馬の機能が低下してしまいます。

しかも牛乳に含まれているものは吸収率がとてもいいとのこと。牛乳に含まれている「カゼイン」がカルシウムの吸収率を上げる大切な栄養素です。カルシウムをより吸収しやすいのは食事前です。


②筋肉にも効果が

牛乳は必須アミノ酸が豊富で筋肉にも効果的なたんぱく質です。

体内では作ることができず、食事から摂取する必要がある必須アミノ酸がすべて牛乳にはバランスよく含まれています。

筋肉をつけるためには運動後に飲むのがおすすめ。運動後30分以内に飲めば効率よく吸収され筋肉がつきやすくなります。


③牛乳を飲むと背が伸びるのは、本当かウソか?

牛乳を飲むと背が伸びるというのは本当です。

一般社団法人Jミルクが行った、『牛乳摂取が学童の体格に与える影響 』という調査では、小学4年生から中学1年生の3年間、 1日当たりの牛乳摂取量500ml以上と未満のグループに分けて身長の伸びを比較しています。

その結果、牛乳摂取の多い子供は身長の伸びが促進され、しかも肥満度はより低下する傾向が認められたということです。

特に睡眠中は成長ホルモンが活発になり、吸収率も上がるため骨を大きくする、背を伸ばすという意味ではホットミルクにして寝る前に飲むのがおすすめです。

【ニドーの人工毛植毛に関心のある方は、下記テキストをクリック☆】

   http://nidohq.com/flow.html 

nidokun04.jpg

               ↑ウエル君↑

「ニドーの人工毛植毛をぜひ試してみてね☆」


参照サイト
林修の今でしょ講座:TV番組
マミィ:https://mamiy.jp/life/imadesho-milk/