HOME > ニドーブログ > 頭皮にもいい?砂糖・塩を使ったスキンケア
ちょっと一言
2017/11/17

頭皮にもいい?砂糖・塩を使ったスキンケア

m.funaki
ニドーブログ

砂糖を使用したスキンケアについて

①砂糖による効果

高い保水力による保湿効果、傷を治す治癒効果や殺菌効果、不要な角質を剥がす、洗浄効果、アトピー性皮膚炎も改善する効果もあるそう。

②砂糖による洗髪方法(頭皮ケア)について

頭皮ケアに砂糖を活用するのは、砂糖には「たんぱく質を保護する効果」が期待できると考えられているから。

特にカルシウムやマグネシウムなどミネラル成分が豊富に含まれている黒砂糖は、通常の白砂糖よりたんぱく質を保護する効果が高いため、ヘアケアで使用する砂糖は黒砂糖を使用。

この黒砂糖によって得られる「たんぱく質を保護する効果」には、頭皮の炎症予防やニキビ予防、頭皮の状態悪化による抜け毛や髪が細くなるのを予防する効果も期待できるそう。

砂糖シャンプーの作り方

粉末黒砂糖 大さじ1杯
ぬるま湯  小さじ1杯
レモン汁  2滴
石鹸シャンプー 1回分

まず粉末黒砂糖をぬるま湯で溶く。そこにレモン汁と石鹸シャンプーを混ぜ合わせる。材料が全部混ざったら通常のシャンプーと同様に洗髪していく。

できれば使用するシャンプーは合成界面活性剤を使用していないタイプを選ぶ。                       (より黒砂糖の栄養成分が吸収されやすくなりますので頭皮ケア効果が高まる。)

砂糖シャンプーは通常のシャンプーより粘り気があるので、念入りによく洗うことが大事。毎日砂糖シャンプーをしなくても、週1~2回で十分効果を実感できるそう。

 

塩を使用したスキンケアについて

①塩による効果

殺菌効果、スクラブ効果(硬くなった角質などの汚れを掻き出す)、血行促進、肌の新陳代謝をよくする。

②塩による洗髪方法(頭皮ケア)について

塩シャンプーが注目されているのは地肌の環境が非常に改善されやすいから。頭皮が健康になっていくので、フケ、湿疹、頭の臭いやかゆみが消え、抜け毛予防にも効果を発揮してくれそう。また皮脂を適度に落としてくれるようだ。

塩シャンプーの作り方

粗塩   小さじ3杯ほど
ぬるま湯 洗面器1杯ほど

作った塩シャンプーを使う前に、まずはお湯だけで髪の毛を簡単に洗う。塩シャンプーを少量ずつ頭皮になじませて、頭皮全体に塩シャンプーをかけたら頭皮マッサージをしながらゆっくりと頭皮になじませる。

頭皮マッサージを行なう期間はおよそ5分程度。塩シャンプーをしっかり頭皮なじませたら頭皮をお湯ですすぎ、まんべんなく洗う。塩シャンプーは毎日はしないこと。週3回程度が目安。ただ塩の刺激で肌の炎症もありえるため、敏感肌の人は頻度は少ない方がいい。

 

【ニドーの人工毛植毛に関心のある方は、下記テキストをクリック☆】

   http://nidohq.com/flow.html 

nidokun04.jpg

               ↑ウエル君↑

「ニドーの人工毛植毛をぜひ試してみてね☆」

 

参照サイト

アンチ・コンプレックス:http://anti-complex.jp/hairloss/shio-shampoo/

頭美人:https://www.atama-bijin.jp/hair_care/beautiful_hair/shampoo/sugar_shampoo/