HOME > ニドーブログ > キューティクルもある人工毛
人工毛植毛
2017/10/30

キューティクルもある人工毛

m.funaki
ニドーブログ

髪の毛の太さをご存じだろうか。

一般に0.05~0.15ミリと言われているが、実際に測ってみると太い髪の人で、95ミクロン、ふつうの人で75~85ミクロン、細い人で60ミクロンである。これはあくまでも正常な円形のものだ、毛髪は楕円形のものや、いびつなものもある。だからこの数値は平均値と考えてもらえばよい。

ニドーシステムは、こうしたばらつきを考えに入れて直径95ミクロン±5ミクロンのものにしたのである。

ただ、人工毛は円形で均等化されている。そうすると、どうしても表面が滑らかで光沢がありすぎて自然毛と比較すると不自然さが目立つのである。

そこで、ニドーシステムは、すごいことを考えたのである。キューティクルを作ろうと…。

自然毛には毛小皮といわれる比較的規則正しい輪が並んでいる。

「キューティクルしましょう」ときうコマーシャルのあれだ。

毛小皮(キューティクル)は髪の毛の表面にある薄紙状の硬い細胞で、ヘビのウロコのように毛根部から順序よく重なって並んでいる。

これは毛髪の自然なつやけしの役割をになっている。

ニドーシステムは毛小皮の働きに着目し、人工毛に極めて小さい溝をつくり、これを小皮波紋と同じような働きをさせることによって、人工毛に自然毛と同じつやをもたせ、まったく自然と同質のものを作り上げたのである。

 

【ニドーの人工毛植毛に関心のある方は、下記テキストをクリック☆】

   http://nidohq.com/flow.html 

nidokun04.jpg

               ↑ウエル君↑

「ニドーの人工毛植毛をぜひ試してみてね☆」

参考書籍

『これが決め手!毛髪再生法』 著者:医学博士 松木康夫