HOME > ニドーブログ > 卵は身体や髪にも良い!でも生卵はNG?
健康特集
2016/12/09

卵は身体や髪にも良い!でも生卵はNG?

m.funaki
ニドーブログ

髪に必要な栄養素がたっぷり含まれている卵は、美しい髪を保つために優秀な食品ですが、実は抜け毛や薄毛の原因にもなり得る食材。

米国サイトの「Top Ten of City」でも、「Top 10 Foods for Healthy Hairs」で髪にもっとも良い食品として紹介されている卵。

髪に良いからといってどんな食べ方をしても、抜け毛・薄毛予防とはならないようです。とくに髪が薄くなってきている方は、卵かけごはんには注意が必要です。

卵が髪に良い理由!

卵には、髪が生成されるために必要となるほとんどの栄養素が含まれている。

髪に欠かせない栄養素が、これだけバランスよく含まれている食品は、他にないというくらい。ですから、抜け毛・薄毛予防や美髪を保つためには、積極的に食べておきたい髪にとっては秀逸な食品。

中でも、髪の材料となるタンパク質が豊富。丈夫で健康な髪が生成されるには、含硫アミノ酸が必要不可欠ですから、卵の含硫アミノ酸を含むタンパク質が、抜けにくい力強い髪の生成に貢献します。

また、タンパク質が髪に生成されるために、必要となるビタミンやミネラルもバランスよく含まれているため、髪の生成が促されます。

さらに、毛が生えやすい若々しい頭皮を保つことも大切ですが、卵には強い抗酸化作用があるセレン(セレニウム)も含まれている。以上の理由から育毛を強力にサポートする食品ですね。

抜け毛や薄毛の原因になるのは生卵!

髪に必要な栄養素をバランスよく含む卵ですが、加熱せず生卵のまま食べると、抜け毛や薄毛の原因に。

卵かけご飯などを好む方も多いことでしょうが、卵白に含まれているアビジンというタンパク質は、ビオチンと結合する性質を持っているため、体内に吸収されず排出されてしまう。

ほかの食べ物から得られるビオチンも、このアビジンによって体内に吸収されず、体内のビオチンが不足することに。そのため健康な髪の生成に障害がでます。

ではビオチンにはどのような働きがあるのでしょうか?

髪のもととなるタンパク質を合成するアミノ酸の代謝促進。つまり、ビオチンは毛髪の成長を助ける働きがある。

また、毛髪の太さに関係するコラーゲンの生成を促したり、毛細血管を太くしたりといった働きもあります。

卵で抜け毛や薄毛となる理由は、健康な毛髪には欠かせないビオチンが生卵のまま食べると、不足することからです。

卵白を取り除くか、加熱すればOK!

生卵を食べる際は卵白を取り除けば大丈夫。また、卵白を加熱すればアビジンの変性が起こり、ビオチンと結合しなくなるで、加熱調理すればOK。

おすすめの食べ方!ゆで卵が意外に消化に良い

消化に良い順番で並べると

半熟卵>ゆで卵>生卵>目玉焼き・卵焼き となる。

生卵が意外に消化に良くないです。焼いてしまうと、タンパク質が固くなるし、油も使うのでスペックが下がります。

卵の健康効果!

・貧血防止

・動脈硬化の予防

・心臓病の予防

・脂肪肝の予防

・美肌効果

・脳の老化防止

・風邪の治療

 最後に!

卵をたくさん食べると、コレステロール値が高くなるといわれていた時期もありましたが、その後の研究で、卵の1日の摂取量とコレステロール値、心臓病に因果関係がないことが証明されています。

だからといって、卵だけをたくさん食べても髪がドンドン生成されるわけではないので、1日3個くらいが育毛には良いように思います。

とくに髪が薄くなってきている方は、生卵にはくれぐれも注意しましょう!

育毛Good Life:http://ikumou-goodlife.com/syokuhin/egg-kouka

TOLAPPLE:http://torapple.com/boiled-egg-convenience/