HOME > ニドーブログ > 誰もが気になる白髪!白髪になる原因と予防法とは?
ちょっと一言
2016/11/18

誰もが気になる白髪!白髪になる原因と予防法とは?

m.funaki
ニドーブログ

白髪になるメカニズム

白髪の原因とは・・・元々黒かった髪が抜けて、新しく白髪が生える。そんな状況になるのは、色素幹細胞が大きく関係しています。実は生まれたばかりの毛はみな「白髪」で、色素幹細胞が色素細胞を作りだし、色素細胞がメラニンを作ることで髪に色が付いているのです。 ところが加齢とともに、この色素幹細胞が損傷を受けなくなってしまいます。その結果、髪に色が付かなくなるので「白髪」が作られてしまうのです。

髪色の「メラニン」が作られなくなる原因は?

白髪になるのは髪色のメラニンが作られなくなることですが、その原因は大きくまとめると「加齢」であると言えます。そして、"細胞が歳をとってしまう原因"は色々あります。

紫外線

細胞が老化する大きな原因となる紫外線。髪で隠れる頭皮には影響が少ないとお思いではないでしょうか?実は頭皮は常に太陽の方に向いているので、紫外線ダメージを受けやすいのです。

ストレス

ストレス・心労で一気に白髪が…なんて話をよく耳にしますが、これは本当です。人間はストレスを受けると活性酸素が発生します。活性酸素は細胞の老化を進めてしまうのです。

栄養不足

体の細胞は日々分裂して作りかえられています。バランスのいい食事で栄養を送り続けなければ、細胞の老化は早くなります。

遺伝

親に白髪が多いと、自分も白髪に…と言われますが、これは遺伝的に元々 「色素幹細胞」が弱いということが挙げられます。

白髪を予防するには

しっかりとした髪の色を作りだし、白髪にしないためには色素幹細胞を守りながら生活することが大切です。白髪の予防や、白髪を増やしたくない方は、下記のルールを参考に健康的な生活を送ってください。

紫外線を防ぎましょう

頭皮は一番上にあるので常に紫外線にさらされています。外出するときはできるだけ帽子をかぶりましょう。また、ボディに使う日焼け止めを頭皮に使ってもOK。クリーム・ジェルタイプは塗りづらいので、スプレータイプを利用するといいでしょう。今は頭皮用のスプレータイプも市販されていますので、こちらを活用すると良いでしょう。

ストレスを溜めない生活を

ストレスは活性酸素を発生させ、細胞を老化させます。たっぷりと睡眠をとり、自分が好きに使える時間をとれるよう心がけましょう。

髪が喜ぶ栄養を摂ろう

メラニンを作るためにチロシナーゼという酵素が働きます。その働きを支えるのが、銅。納豆やきなこなど大豆製品に多く含まれます。その他カルシウムやヨウ素などミネラルが髪の健康に必要な栄養素です。成長ホルモンの分泌を促す亜鉛もおすすめです。食事から摂取することが難しい方はサプリメントを利用してもいいでしょう。

頭皮に負担をかけない白髪染めを使おう

脱色剤を含む白髪染めは頭皮に大きなダメージを与えます。白髪染めはトリートメントタイプで脱色剤フリーのものを使い、頭皮をいたわりましょう

参照サイト

白髪のハテナ:http://scalp-d.angfa-store.jp/shiraga/ http://scalp-d.angfa-store.jp/shiraga/1_2.html