HOME > ニドーブログ > ウーロン茶に育毛効果の期待 薄毛の原因を阻害 リーブ21が発表 
ちょっと一言
2016/03/29

ウーロン茶に育毛効果の期待 薄毛の原因を阻害 リーブ21が発表 

m.funaki
ニドーブログ

毛髪クリニック「リーブ21」(大阪市中央区)は26日から横浜市内で行われた「日本薬学会第136年会」で、ウーロン茶に育毛効果が見込めると発表した。

 緑茶を対象とした研究は多数あるが、緑茶以外の育毛研究報告は少ないのが現状。今回、緑茶と同じチャノキを起源に持ち、半発酵茶として知られるウーロン茶を研究対象に育毛作用に関する評価試験を行った。

 その結果、ウーロン茶の含有成分には、薄毛の原因とされる男性ホルモンを活性化する「5α―リダクターゼ」を阻害し、育毛を促進する作用が望めることを確認。今後は活性成分を同定し、ウーロン茶エキスと男性ホルモンの因果関係を特定していくほか、ウーロン茶エキスを配合した商品開発を進める予定。

【評価試験結果】
(1)薄毛の原因とされる男性ホルモンを活性化する酵素「5α―リダクターゼI型・II型」の両方を阻害することを確認。
(2)男性ホルモン「テストステロン」で活性化するLNCaP細胞を用いた試験を行い、ウーロン茶エキスを添加することで細胞の増殖を有意に抑制することを確認。
・(3)マウス毛成長試験において、ウーロン茶エキスは男性ホルモン「テストステロン」処置マウスの育毛を促進することを確認。

 

3月28日(月)11時0分配信 スポニチアネックス