HOME > ニドーブログ > 毛髪再生法タイプ別導入のグッドタイミング
人工毛植毛
2016/03/07

毛髪再生法タイプ別導入のグッドタイミング

m.funaki
ニドーブログ

毛髪再生はどの方法を採用するにしろ、それをいつ実施するかタイミングを取るのが難しい。

一般的には異動や転勤の折にというが、社会的に、まったく未知の部署や赴任地に行くというケースは少ない。異動や転勤があっても既知の人がいたりするので、秘密裏に毛再生法を実施することは不可能に近い。

どうも人事という外部要因的な都合で、毛髪再生のタイミングをはかるのは窮屈なようだ。では、どうすればよいか?ひとついい方法がある。

逆転の発想をして自分の都合に徹底的にこだわるのだ。

その1。秘密裏にというか、なるべく目立たなく導入したいという人は、段階的にやっていけるというオプションのある毛髪再生法を選べばよい。

エクステンション式の増毛法や人工毛植毛法が代表的だ。粉を振りかける方式の増毛法もこれに当てはまる。カツラでも対応できないことはないが、ステップを踏むためには何回も作り直さなければならないので現実的な選択ではないだろう。

その2。その1の変形というか、もっと自然さにこだわりたいという人は、自前の髪を成長させる方法も取ってもよい。

薄毛の人を対象としているのは、発毛というキャッチフレーズを使っているR社がある。リアップやプロペシアは、薄毛の人を対象にしている。薄毛の人は育毛剤・養毛剤など、豊富なラインナップの中から選べる。だが効果確認まで、遅い場合は数年かかるだろう。

その3。どうせバレるときにはバレるのだから一気に導入してもよいと割り切っている人はカツラ(被る方式&貼りつける方式)、自毛植毛法が代表的な製品だ。

これまでは毛髪再生の製品を決めて、その特性に合わせて導入のタイミングをはかるのが一般的だったが、そうではなく、まず仕事の環境や社内の人間環境を考えて、許容される毛髪再生法を選ぶ。毛髪再生のタイミングを大事にしたい人は、この逆転の発想をすれば導入は比較的スムーズにいくはずだ。

 

【人工毛植毛法が気になったら下記テキストをクリック☆】

http://nidohq.com/products.html

nidokun06.jpg

                 ↑ウエル君↑

「ぜひ、人工毛植毛をお試しください」

 

参考書籍

「床屋も間違える驚異の毛髪術」 著者:黒木 要